HOME>特集>情報の整理や確認などが失敗しない選び方になる

レアな物が使われる

住宅模型とお金

栃木にて、中古の注文住宅を購入するのであれば、買うことが目的にならないようにしましょう。建てるにしても、金額を上げればやはり条件的にいい物件が出ています。当たり前ですが、不動産には相場がありますが、購入してからもかかる費用は、こだわりが強い物件ほどかかる場合もありますから、希少なものが使われていないかをチェックしましょう。

地域性まで考える

女性

中古で注文住宅を購入するなら、物件の良し悪しも資産価値に影響しますが、長いスパンで考えれば、栃木の中でもその地域が将来どうなっていくのかを予想しておきましょう。人気のある場所にできるだけ近い、便利である、これらが資産価値を考えれば決め手になるでしょう。

備えをしよう

資産価値を考えた栃木の地域情報も確認しましょう。注文住宅を購入する予定の地域、ハザードに引っかかっていないでしょうか。ダメではなく、どういう災害の可能性があるかを前もって知っておけば、例えば、耐震強度などの補強、外壁塗料のグレードを上げるなどができます。

先行きを考える

栃木にも、狭小地に建てられる注文住宅があります。しかし、購入する際と、その後のライフスタイルは同じではないはずです。例えば、都会的暮らしであっても、車の購入があれば、駐車スペースは確保されている中古物件を選んでおかなければなりません。狭小地ならばもしかすると、建物も縦長で余分なスペースなし、車よりも交通機関を利用していた前の家主、ということもあります。追加リフォームしたくとも難しい場合もあるため、しっかり先を見据えてから購入しましょう。